2015年マレーシア遠征5,6日目(2017.9.10,11)

最終日は実質移動だけなので、まとめて書きます。

9.10
どうやら昼過ぎに行くと、良いものは先に誰かに買われてしまう傾向があるということが分かってきたため、この日はしっかり朝起きて、いつもの村へ向かいます。


いつものように村に着くと
何やらいつもと違う巨大な虫を持っています。


見てみるとモセリオウゴンオニでした。(写真忘れ)

かなり大型に見えるので、測らせてもらうと何と70up!
これはとても欲しいけど、高そう…

しかし、値段を聞いてみると予想外の安さでした。
即決で購入!


その他他の虫を買っていると何やらまた大きな虫を持ってくる村人がいます。
そちらも見てみるとこちらも70upのモセリ!
この個体は同行者が購入しました。

他には巨大なコメツキも持っていたので、それは自分が購入しました。
20170720222704f3e.jpg
日本のコメツキと段違いのサイズですね…

もしや、このサイズで跳ねるのか?と疑問に思ったので、試してみました。

結果はモゾモゾするだけで、ひっくり返れず…
さすがにこの巨大さだと厳しいのかもしれませんね…

大迫力の跳ね返り見たかったので、ちょっと残念です…



購入後、モセリを採集した2人目の村人と話していると、先程1頭目を購入した村人が仲間を連れてやってきて、採集に連れていってもらえることになりました。


てっきりいつも採集している村の奥へ行くと思っていたのですが、バイクで先走るから車でついてこいとのこと…

いったいどこに向かうのでしょう?


車を準備し、村人に付いていきます。
今回も自分が運転していたので、助手席の同行者に撮影してもらいました。

201707191524383e9.jpg

201707191524398a5.jpg
どんどん奥へ行きます。

作業道なのか採集用の道なのか分かりませんが、山のかなり奥まで舗装道路が続いて行きます。

道はちょうど車1台分の幅しかなく、しかも途中からは両側が斜面になってしまったため、帰りが心配です…


30分くらい走ったでしょうか、ようやく道の終点に着きました。

村人は乗り物はバイクしか使っていなさそうなので、採集用の道だったらピンチでしたが、どうやら作業道だったようで、ちゃんと転回するスペースがありました(^^)


どうやらここで車を降りて、山に入るようです。

20170719152440009.jpg
今回は自分達3人+モセリ採集村人2人+村人2人の計7人でした。

村人は一人だけ網を持っています。
20170719152441105.jpg
しかし、この網が結構変わっていて、竹のような長い棒の先にわっかを作り、そこにビニールを被せただけというかなり不安な装備です。

空気抵抗が大きそうだし、網の深さが浅めなので、採っても蝶は逃げられそうですよね…


そんな心配をしていましたが、村人はたまたま飛んできた蝶を雑談しながらでも一振りであっさりと捕まえていました( ̄□ ̄;)

採り子の村、強い…


少し道を下った後は舗装されていない山道へ入っていきます。

数分歩くと何故か山の中に階段と街灯がありました…
20170719152443781.jpg

2017071915244492b.jpg
どうやら夜間はここに来る虫を採ることが多いようです。
こんな山の中にポツンと明かりがあったら、確かに虫来るでしょうね~

階段が終わったあとはまたひたすら山道でした。

途中休憩した際に、足元を見てみると…

何やら血がたくさん出ています(><)


もしや?と思って足回りを見てみると、ヒルが数匹いました…

ヒルにやられたことがほとんどないので、あたふたしていると、村人が近づいてきて取ってくれました。
どうやらライターでヒルを炙ると簡単に取れるようです。

血は止まりませんけどね…


その後はちょっと進んではヒル撃退、ちょっと進んではヒル撃退で奥へ

ライトトラップに良さげなダム?みたいなものがありました。
2017071915244618f.jpg


村人の視力は凄いですね~
小さい虫が遠くにとまっていても気づくのは凄すぎます…

途中、あそこに虫がいると言われたものの、結局6.3mの網でも届く範囲ではなかったので、その虫の正体がわからないままでした。

その後、結構奥のポイントまで行きましたが、まともな成果はありませんでした…



いつも通り町に戻って、夜飯食べて、ライト機材持って昨日ライトトラップをやった場所でライトトラップをしました。


大した成果はありませんでしたが、変なハサミのハサミムシと
20170719152448743.jpg

カマキリモドキがいました。
2017071915244929b.jpg

ライトトラップはこんな感じでいつも通りまともに採れず…



気持ちを切り替えて街灯廻りします。


特に成果がないまま、街灯ポイント終盤へ

とあるポイントで何やら巨大な物体を発見!
走り寄って見ると、フェモラリスツヤの中歯♂の死骸です。

死んでしまっているのは残念ですが、完全に潰れているわけではなく、多少ヒビが入っているだけなので十分に標本になります。

状態がちょっとグロテスクだったので、その場では写真を撮らず、宿に戻って洗ってから撮影しました。
20170720222706eb5.jpg

帰宅後すぐ展足しました。
20170720222707fd0.jpg
前胸とエリトラの間に隙間が空いてますが、ノギスは90mmに合わせているので、実際には90mm前後ですかね
中歯でこのサイズは驚きです…

最終日に良い虫が採れて良かったです。

この後は成果がなく、終了しました。







9.11

帰りの飛行機は14時頃、空港までは宿泊する町からは片道4時間くらいなので、7時には起きて8時には出発しないと間に合いません。
しかし、最終日も村に行きたい自分は30分早く起きることで、村に寄り道する時間を作りました。

いつものように村に寄って買い物をした後、空港へ向かいました。


無事に飛行機に間に合いました。

飛行機が30分ほど遅れたため、終電ギリギリで帰宅しました。



おわり

[限定公開記事]2015年マレーシア遠征裏話

コメント

非公開コメント

No title

楽しく読ませて頂きました( ・∀・)ノ

テナガゾウムシ?は綺麗な色彩ですね。
生きてるタイショウオサゾウムシ!
本当に綺麗な赤色ですね~。
掴む力が相当強いらしいですがどうでしたか?
あと、購入ということは〆て標本にしたということですよね。
色の残り具合はどうなりましたでしょうか?

蛾は全く分からないんですが
あれはオナガヤママユですかね?
前翅を下げているスタイルがまとまり良くて凄い綺麗ですね。

マレーコーカサス長角な上に良形でかっこいいです。
コーカサス好きとしては凄く羨ましい・・・いいですね( ゚ω゚)=3

このコメツキと似たようなのを持っていますが
これ跳ねれないんですね(笑
確かにデカイですがパチンとできるものだと思っていました。
もぞもぞするだけですか。確かに残念ですね。

フェモラリスこれかなり大きくないですか?
中歯でこのサイズは見ない気がします。
頭幅が32~33mmぐらいありそうですがどうでしょう?

Re: No title

K・Aビさん、こんにちは


> 楽しく読ませて頂きました( ・∀・)ノ

楽しんで頂けたようで良かったです(^^ゞ


> テナガゾウムシ?は綺麗な色彩ですね。

生きている時は綺麗でしたが、〆たら黒くなってしまいました…
油抜きはまだしていないので、多少は改善するかもしれませんが


> 生きてるタイショウオサゾウムシ!
> 本当に綺麗な赤色ですね~。
> 掴む力が相当強いらしいですがどうでしたか?
> あと、購入ということは〆て標本にしたということですよね。
> 色の残り具合はどうなりましたでしょうか?

綺麗な赤色でしたが、〆た後は少しくすんだ赤色になりました。こちらも油抜きしてません…
知人にクワガタを絞め殺すくらいの力だと言われたので、怖くなってすぐに〆てしまいました…

> 蛾は全く分からないんですが
> あれはオナガヤママユですかね?
> 前翅を下げているスタイルがまとまり良くて凄い綺麗ですね。

おそらくオナガヤママユですね
展翅の際は上翅を上げる人が多いですが、自分はヤママユ系に関しては下げる方が好きです


> マレーコーカサス長角な上に良形でかっこいいです。
> コーカサス好きとしては凄く羨ましい・・・いいですね( ゚ω゚)=3

マレーシア採集によく行く知人にもサイズの割に型が良いね~と誉められたのですが、自分はまだ数見てないのでよく分かってないです…


> このコメツキと似たようなのを持っていますが
> これ跳ねれないんですね(笑
> 確かにデカイですがパチンとできるものだと思っていました。
> もぞもぞするだけですか。確かに残念ですね。

試したことはないですが、オオアオコメツキも跳ねれなそうなのでコメツキだから跳ねるというわけでは無いのかもしれませんね


> フェモラリスこれかなり大きくないですか?
> 中歯でこのサイズは見ない気がします。
> 頭幅が32~33mmぐらいありそうですがどうでしょう?

中歯でこれは結構な大型のようです(^^)
頭幅は測っていなかったので、あとでタイショウオサゾウムシの標本写真とともに連絡します