ペラルマ産卵セット

これは一昨日ですが、ペラルマトゥスの産卵セットも組みました。
食いカスと新品マットをいい感じに混ぜて産卵マットを作りました。
2016092723360443b.jpg
水分多めで組んだらダマみたいに見えるようになってしまいました…

産んでくれればOKですけどね~
20160927233605714.jpg

ペラルマトゥス♀も羽化!

更新サボってすみませんm(__)m

ペラルマトゥス繭玉が2つ残っていると、前回記事にしていましたが、中々変化がなかったので、思い切って昨日暴いてみました。


1つ目
繭玉内で前蛹で死亡…


これは終わった…




全く期待せずに2つ目へ
繭を取り出すために容器をひっくり返して、繭玉の上にあるマットを取り出します。
マットを出した後を見ると…

!!!

♀だ!!(写真忘れ)
繭玉が衝撃で壊れた?もう脱出していた?
どちらか不明ですが、とりあえず羽化したばかりではなさそうです。


まさか最後の2頭で奇跡的にペアになるとは!

♀が活動を開始次第、ペアリングしてセットを組みます。



そして今日♀の撮影をしました。
20160823141045720.jpg
流石世界最大のマルバネです。
この♀は放置飼育なのにも関わらず、53mmありました。

飼育データ
2014/9/9割出
↓不明
860プリカ数匹同居
↓購入(2~3令)
2015/6/28
3令,13g、1500cc
元のマットにH-1v:H-3s=1:1のマットを追加

12/28
19g,1500cc
加水のみでマットは補充せず

2016/5下
繭玉確認

8/22
羽化確認

3令頭幅11.70mm
体長53.05mm





20160823141047dff.jpg
♂とツーショット

ペラルマトゥス、自脱

爆産したペラルマトゥスとは別血統のペラルマトゥスの♂が1頭自脱していました。

20160814235846637.jpg
この歯型で54mmです(笑)


この血統は札幌の某ショップで購入したものになります。
最初は10頭近くいたのですが、ポツポツと落ちていき、羽化ズレで1♀羽化したものの、それ以外で繭入りまでいったのは5匹のみ…

数日前に3つの繭内を確認したところ、この♂は羽化していましたが、残り2つは死亡…

残る繭は2つ…
累代断絶しそうです(;・ω・)

ペラルマトゥス容器替え

77の♂を追い掛けする前に♀の持ち腹で採れた幼虫を860ccのプリンカップに容器替えをしました。

孵化率が悪かったのか、死亡率が高かったのかどちらかわかりませんが、30卵分くらい抱えていたのに14頭しか生存していませんでした…

20160627234808bc6.jpg

20160627234809587.jpg


20160627234811fac.jpg

20160627234812db0.jpg
4/25の時点で15頭いたので、6,5,4で分けようとしましたが、2頭消滅してしまっていて、結局5,4,4で分けました。
途中で気づいたので、6頭のカップから1頭掘り起こして移動しました。なので、1頭同一個体が混じってます。

ペラルマトゥスマルバネ繭掘り出し

今日はペラルマトゥスマルバネの繭を掘り出しました。

中国産、2014年孵化の血統で去年の12月に♀が1頭だけ早期羽化しています。
マルバネの雌雄判別はよくわからないので、雌雄比は不明ですが、まだ羽化していないのは6頭。
何とか♂♀分かれてくれればいいですね…
現在繭2、繭作り中の幼虫4なので、羽化ズレはあまり無さそうです(^^)

ちなみに掘り出した繭はちょうど良いサイズのプリンカップにマットの一部とともに入れ替え、管理しています。しばらく経って蛹化したら小窓を繭に開けて羽化日が確認出来るようにするつもりです。

最後に繭の写真を1枚
20160522000830371.jpg
プロフィール

マルバネ好き

Author:マルバネ好き
自分で振り返るのに便利だと思いブログを始めました。
コメントはどなたでもお気軽にどうぞ。

文章を書くのが苦手なので、よく意味不明な文章になります。ご了承下さい。


(プロフィール写真は自己採集した西表島ヤエマルです。大歯59mm)

最新記事
最新コメント
カテゴリ
+をクリックするとフォルダが開き、-をクリックするとフォルダが閉じます。最初は全て閉じる設定です。

openclose

検索フォーム
カウンター
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示